ママと赤ちゃんの出会いをチーム医療で最大限サポートします

当院での分娩をご希望の方へ

100年以上の歴史をもつ岡山大学病院産科婦人科では,女性を最大限支援するべくチームで先進医療に取り組んでいます.
当院は地域周産期母子医療センターでありハイリスク妊娠・分娩も扱っていますが,合併症のない妊婦さんの分娩,里帰り分娩も積極的に受け入れています.大学病院ならではの高度な設備と豊富な診療科との連携で最大限の安全と安心を提供したいと考えています.

24時間365日、あらゆる緊急時に対応し、安全な出産を目指します

周産期センターとは,産科と新生児集中治療室(NICU)が併設され,産婦人科医と新生児科医など妊娠・分娩にたずさわる診療科が緊密に連携して妊婦さん・お子さん双方を管理できる医療施設です.つまり「妊娠・出産において最も安全性が高い施設」と言えます.当院は地域周産期母子医療センターに認定されており,常に産婦人科医と新生児科医が勤務してあらゆる緊急時に備えています.
かかりつけでない妊婦さんの急変に対する救急搬送にも対応し,地域医療にも貢献しています.全ての産婦人科医師,助産師が周産期救急医療における研修プログラム(ALSO; Advanced Life Support of Obstetrics)を修了しており,このような大学病院は全国でも他にありません.