岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 産科・婦人科学教室

新着情報一覧 サイトマップ 患者の皆さんへ

研究のご紹介 RESEARCH

SUBMENU

周産期グループ

スタッフ紹介

役職氏名
教授増山 寿
講師早田 桂
助教瀬川 友功
助教衛藤 英理子
助教玉田 祥子
大学院生光井 崇
大学院生江口 武志
大学院生牧 尉太
大学院生谷 和祐

研究内容

下記テーマで臨床的、基礎的な研究を進めています。

  • 妊娠糖尿病
    日本人の現代病として非常に多い糖尿病の妊娠への影響、特に胎児発育への関与と奇形発症メカニズム、インスリン抵抗性、アディポサイトカイン、およびスクリーニング法に関する研究を行っています。また妊娠前からの糖尿病スクリーニングによる糖尿病発見と血糖コントロールが奇形の頻度を減らすという啓発活動を行っています。
  • 妊娠高血圧症候群
    母児ともに重大な影響を受ける妊娠高血圧症候群の発症機序への胎盤由来の血管新生関連因子や脂肪由来のアディポサイトカインの関与、インスリン抵抗性の関与について研究し、発症予知、予防法などの開発を目指しています。
  • 妊婦・胎児の栄養代謝、子宮内胎児発育遅延とメタボリックシンドローム
    胎児期に発育が悪いと大人になって生活習慣病を発症しやすいという生活習慣病胎児起源説に関する臨床的・基礎的な研究を、『子宮内環境の改善が将来の生活習慣病を防ぐ』を合言葉に推進しています。
  • 生殖生理における核内受容体の役割
    核内受容体の転写制御メカニズム、核内受容体の薬物耐性や新生児黄疸への関与について基礎的な研究を進めており、薬物耐性の克服や新生児黄疸治療に向けて新たな治療法の開発を目指しています。
  • 内分泌攪乱物質(環境ホルモン)
    核内受容体を介した内分泌攪乱物質の作用メカニズムと生殖生理への影響について検討し、日常生活で触れる機会の多い様々な化学物質の生殖への影響を如何に防ぐか方策を探っています。
  • オキシトシンの生理作用
    周産期の脳内でのオキシトシンの作用について研究しています。子宮収縮や乳汁分泌への関与に加えて脳内で情動にも関わっていることを証明しています。
  • 胎盤の超音波画像診断
    胎盤形成不全や胎盤形態異常は胎児発育不全をもたらします。胎児発育不全症例検出を目的とした超音波胎盤計測法と、発症予知への臨床応用に向けて研究をしています。
PAGE TOP