岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 産科・婦人科学教室

新着情報一覧 サイトマップ 患者の皆さんへ

研修のご案内 TRAINING

SUBMENU

クリニカルクラークシップ

医学部学生の臨床実習においては、診療チームの一員として患者さんを診察する『参加型臨床実習=クリニカルクラークシップ』を行っています。
産婦人科の臨床実習は1グループ5-6名で実習期間は2週間です。また、2017年度より「周産期・新生児」として更に2週間の実習を行っています。全員にマンツーマンで指導医をつけ、指導医の担当患者さんを中心に診療に従事していただきます。指導医から患者さんを紹介された後は、学生単独で胸腹部診察、医療面接、カルテへの記載を行います。科内の症例カンファレンスで、学生自身が準備したプレゼンテーションを行い、担当症例の診断、治療、問題点などを自ら考えていく力を養えるようサポートしていきます。

学生の控え室となる入院棟4階カンファレンスルームの一角には、分娩シミュレーター、胎児心拍陣痛計(CTG)判読トレーナーなど、また産婦人科医局には4台の腹腔鏡トレーニングボックスなど、産婦人科シミュレーション機器を常備しており、医師になる前から経験しておきたいスキルをいつでも練習できるようにしてあります。

5年生時後半から始まる選択性臨床実習では、大学病院で行う「アドバンスコース(4週間)」と、「関連病院実習(2週間あるいは1週間)」を用意しています。
大学病院で行うアドバンスコースでは、実習開始前のアンケート、面談に基づき興味ある領域を中心により掘り下げた実習を行っています。産婦人科には、生殖内分泌、周産期、婦人科腫瘍、女性ヘルスケアなどの領域があり、それぞれ大学病院ならではの治療を行っています。また、関連病院では、正常分娩や良性疾患手術などを多く経験できます。
これらの実習を通して、女子学生は、女性であることを生かした診療ができる点できっとやりがいがあることでしょう。男子学生は、自分を必要としてくれる女性(患者さん)に対して、男性として最大限に尽くしてみてください。将来何科に行こうとも、この産婦人科実習が少しでも医師としての成長の糧になればと思いつつ、実習カリキュラムを組んでゆきます。

教育企画委員 楠本 知行(平成29年10月 改編)

PAGE TOP